ダイアモンドの指輪

歴史とは

ペアリング

この結婚指輪はなんと2000年前から伝わってきたものであり、ヨンドシーなどのブランドが存在していないころからあります。最初に結婚指輪を登場させたのは古代ローマだといわれています。いわゆるエンゲージリングといわれるものであり、当時はヨンドシーなどで販売されているような指輪ではなく、単純な鉄製の腕輪だったのです。ヨンドシーなどが非常にきらびやかな商品を展開している今では考えられませんが、ヨンドシーなどが存在しなかった当時はこれが結婚指輪の変わりとなっていたわけなのです。
今では使われていませんが、当時利用されていた結婚指輪の素材は鉄でした。まだこの時代には今のようなデザイン性のある商品を作ることも、それを加工する技術も存在していなかったのです。
今ではヨンドシーなどから販売する定番商品となっていますが、これは神話にも登場したものであり、当時から神聖な愛を伝えるアクセサリーだとして大切にされていました。紀元前400年辺りになると、利用される結婚指輪に装飾が施されるようになりました。しかし、今のように立派な言葉やイニシャルというよりも単純に愛の言葉が刻まれていた事のほうが多かったのです。
だんだんと様々な素材のか加工技術が高まり、時代もお金持ちになってきたことで金の指輪が利用されるようになりました。これは2世紀あたりのローマで行われていたことであり、当然裕福な貴族のみが利用していたものでした。
最初は裕福な人しか利用できなかったものですが、だんだんと時代が変わるにつれて庶民の間でも利用できるようになり、結果的に今のような結婚指輪の形に落ち着いたといわれています。

結婚指輪は左手薬指に装着することが約束となっていますが、これは心臓と繋がっている指だと信じられていたからだといわれています。お互いの気持ちをつなぎ合わせるという意味が込められており、それが現代にも持ち込まれているために装着する場所はそこで固定となっているわけなのです。
これらの文化が日本に伝わってきたのはまだ50年程度の歴史しかなく、浅いものではあります。しかし、文化としては一緒に1回の重要なものとしてすっかり定着しています。ヨンドシーなどのブランドが有名になったのもこの指輪のおかげでもあります。